最後の練習でした。

10月8日土曜日

「フォーレを歌う会」の練習も今日が最後になってしまいました。
ご指導頂いた先生、ピアニストの尽力に感謝致します。団員の皆様のエネルギ冒険心とパワーに支えられ1年レクィエムを献唱する事に練習を重ねて来ました。流麗な旋律、最弱音から最強音に拡げ死者の魂と心を通わせる心情に深く心に響いて来ます。暖かく応援してくださる多くの方々にオーケストラ伴奏で心ゆくまで過ごせますよう心をこめて唱います。
10月22日  16時開演
                            ソプラノK
0 コメント

追い込んでいます。

9月24日土曜日
「磯子フォーレを歌う会」の演奏会まで後2回の練習と15日のオーケストラ歌合わせのみになりました。
練習を積み集中力を高めての発声練習も熱をおびて、各機能が充分に連携して働いているかチエック、最初の出だし口腔内の空洞を意識して歌う。正しいリズムに配慮特に指揮者を意識して、声の響きも薄くならないように安定する事。「M」の口の閉じ方等ご指導頂く雨谷先生も念入りに幾多の貴重な経験を頂き今後に生かして「レクィエム」を献唱し安らぎのひとときとなりますよう団員の皆様10月22日の演奏会に心と情熱を傾けて多くの方々にご来聴頂けるよう心より願っています。
                ソプラノ団員 K.
0 コメント

あと僅かです。

今日は、アニュス ディから練習をしました。神の小羊よ。   世の罪を取り除く方よ。永遠の安息を。 全体の曲を通して歌い注意される所は、前と比べると余りなくなって来ました。 パート別に感情を込めて歌いました。   10月22日の本番まで後僅かです。       皆様楽しみにしていてください。       チケットも好評です。まだ間に合いますのでお知り合いの方と是非おいでくださいませ。               ソプラノ M

0 コメント

9月に入り練習も佳境です。

9月最初の練習はまだ慣れてないII.Offertorium V.Agnus Dei の猛特訓から始まりました。1年前はまだラテン語の読み方から説明を受けたのが懐かしいです。後半は全て通しました。
フォーレ/レクイエムの次作はJ.ラター/レクイエムを手掛けると先生から本日発表がありました。ラターの作品も天上の音楽で名作です。楽しみです。次回の練習は9/17 屏風ヶ浦地域ケアプラザです。

チケットの販売もかなり順調です。お早めにご予約下さい。

 

                      ソプラノ A

8/27の練習より

練習状況

(1)入際文キリエかPPから始まる緊張の音形に載せて祈り合唱
(2)オッフェルトリウム (奉献唱)から歌い始めは無伴奏(死んだ信者の祈り)毎度注意されていますが感情が出ません。オ~主よ無伴奏の繰返し難しいです。バリトンのソロが入ります。合唱が入り最後PPに響きに常に注意。声の旋律が難しいです。(3)サンクトゥスffの盛り上がりPPに入る静かな終わりに注目。(5)アーニュス、デイ特に注意、レクィエムの始まり(H)の4小節目と38ページ2小節目ぬ感違いをしないように注意。
(6)私をお救い下さいリベラメ激しく歌う部分徐情的な所に注意(7) IN PARADISUM無事天国へ行けるように祈る音楽です。
10月22日演奏会後、来年3月海外公演が予定されています。ウイーンで。ウィーン交響楽団の若手の方々との共演でフォーレ (レクイエム)を歌う女性合唱団員を募集しています。この機会に是非合唱団外からの参加者を募集しています。

0 コメント

全曲通しました。

8月13日 土曜日        最後の一曲のアニスディの音とりも終わり最初にアニスデイから練習をしました。ひとつの響き優しさレガードに表現を出すような歌い方をするように先生の指導がありました。   リベラメは、最初の歌い出しは、強さを引き出すような歌い方などパート別に練習をしました。     全部を曲を通して歌い何回も練習を重ねてますので全体的に言葉も表現もはっきりとした歌い方になって来ました。     本番まで練習の回数も残り少なくなって来ましたが、皆さんがイキイキした歌い方になって来ていますので本番が楽しみです。  ソプラノ M
0 コメント

良い練習でした。

V.5曲目アニュスデェイ(神の子羊)神様に感謝するため自分の命の代わりに汚れのない子羊を捧げます。 今日始めて練習歌詞の読み、ブレスのチェック確認(B)のAGnus.に入る前の1拍前の伴奏を聞いて入る.LuxAETERNA(永遠の光を)
亡くなった人達に安らぎを与えて聖人の群れの中に入れて下さいと祈ります。レクイエムの始まりに帰ります。ソプラノ、Lux 優しく唱い、メゾ、アルトが引きつづき静かに閉じます。レクイエムに入る前クレッシエンド次第に強くfのまま最後esを1番強くする。特に最初3拍目は、揃える注意。声の響きが良く聞こえて来ました。イメージ通りに声のトレーニングが出来るのも健康な身体と精神があってこそ本番にそなえ、自己管理と調整に頑張っていきたいです。良い練習でした。
ソプラノ K.K
0 コメント

真夏の稽古より

7月30日各パートに素敵なメンバーが参加して下さいました。
いよいよ10月22日の演奏会に向けて感性を育む高度な練習に一歩踏み出しました。
まず入祭文とキリエから緊張と恐怖、人の心に訴える音楽の魅力です。感情が出せません。オーケストラがはいってどう変わるでしょうか体が震えます。奉献バリトンのソロが入ります。又無伴奏もあります。やはり感性が要求されます。サンクトゥス、音量でなくよじ登る様な感情弱音を付ける。
リベラメは、罪を背負って来た叙情的な唱い方から激しい感情に。イン・パラディズゥムは天国に向けて優しさ清らかさをソプラノに向けられます。フォーレの魅力を満喫し一歩一歩多く方々と音楽を楽しめたら最高です。
ソプラノ。K.K

先日の練習から

先日は、屏風ヶ浦で練習をしました。   曲が大分出来上がって来ました。       後一曲で出来上がりです。   今回は、今まで練習をして来た曲をパート別に練習をしていつも先生に言われてますが、歌い出しに必ず指揮を見るように心がけるようにしました。見ないと歌い出しが遅れるのですね。 悲しい時は、悲しく歌って表現をして頭の上から響きわたるような歌い方をするようにと先生からの指導がありました。 それが出来上がったら完璧でしょうね。 後一曲、本番までまだ時間がありますが、完璧に歌って練習を積み重ねて行きたいと思っています。    ソプラノM

いよいよです。

7月に入り真夏日となった今日、ネットを見たと、お二人の方が体験に来て下さいました。一人の方は、都内、板橋から来て下さいました。入団して下さるとの事でフォーレを歌う会として、大変嬉しい事です又ソプラノにエキストラとして参加して下さる、相良さんが、来て下さいました。職業は、弁護士さんです。フォーレを歌う会は、年齢、職業は、様々ですが、雨谷先生、大橋先生のご指導の下10月22日の演奏会に向けて熱い練習をしてます。又チラシとチケットも出来上がり、いよいよと言う感じで力が入ります。チケット販売もしております。ご入り用の方は、連絡下さい。    アルト  N・K

0 コメント